ベンダーからの納品を集約し、入庫作業の効率UP
調達物流によるコスト削減のご提案をいたします。
1.納入車両台数の削減
2.納品集約による入荷受入れ業務の効率化
3.カテゴリー別納入で庫内作業を効率的に改善

.
納入車両が多い為、入荷場が混雑し入荷受付時間が長時間 となる。
商品カテゴリーの仕分けがされていない状態で
入荷され庫内スペースが多く必要となる。

.
各仕入先の荷物を集約し、納入車両を最小限に制限することにより
納入回数の削減と納入時間の短縮を図る。必要な物を必要な時に必要な量だけ
納入し庫内スペースの縮小を図る。

[BACK] 
   
【蛭間運送株式会社】 ソリューション